18.06.2012

三脚なしではできない10の撮影

18.06.2012

三脚なしではできない10の撮影

グループ写真から星空の撮影まで、三脚なしではできない撮影をここにリストアップしました。

1. 夜間の撮影

夜間撮影では、通常の写真撮影に必要とされる光量が得られないため、長時間露光(シャッターをある程度の時間開きっぱなしにして光を取り入れる方法)を必要とします。この長時間露光での撮影の場合、三脚が必要となります。非常に暗い場所であっても、三脚を使えば、完璧な結果を得るために、数秒から数分でも露光することができるのです。即ち、三脚があれば、ストロボを使う必要がないのです…ストロボを使用するメリットは、カメラの至近距離にある対象物を照らすということだけなのです。

2. スタートレイル

長時間露光で星空を撮影したり、星空を含むシーンを撮影すると、写真に星の軌跡(トレイル)が描かれることにお気づきになるかと思います。星の位置自体は動きませんが、地球が動くために、この軌跡が描かれるのです。露出時間が長ければ長いほど、軌跡も長くなります。定位置に三脚でカメラを固定すれば、地上の様子も詳しく捉えることができます。

3. 水の動き

滝や小川は、誰もが好きな写真撮影で、写りも素敵です!撮影に水の流れを納めるために、プロの写真家がよく使うテクニックは、シャッター速度を遅くすることです。この手法を使えば、シルクのような滝や水流の写真を撮影することができます。このような画像を撮影するには、カメラを三脚の上に置き、露出時間を0.25秒から2秒の間で設定し、もっとも好みの結果を見つけるまで、何度も試してみるとよいでしょう。

4. 月

月を手持ち撮影することも可能ですが、よい三脚があればもっと簡単に、もっと良い撮影ができます。月の撮影では、通常、望遠レンズがよく使われますが、このため、少しでも動いてしまうと、手ブレ写真になってしまいます。三脚を固定し、風が当たらないように設置すれば、パーフェクトな月の写真を撮影できます。実際、月はかなり速いスピードで空を移動しているので、この方法は、月の構図決めや追跡に役に立ちます。

5. グループ写真

集合写真(グループのポートレイト写真)の構図決めは簡単ではなく、構図が決まったとしても、被写体は笑顔を忘れたり、目をつぶったりなどしてしまうもので、完璧な結果を出すまでに何度かシャッターを切ることになります。三脚を使えば、まったく同じ構図を維持できるので、撮影のたびに調整する必要はありません。もちろん、撮影者自身も一緒に写真の中に納まることもできます!

6. HDR撮影

最近、HDR写真が大きな注目を集めています。とてもカラフルで躍動感があり、ディテールも鮮明です。最新型のカメラやスマホにはたいてい、HDRモードが付いているはずです。HDRモードでは、カメラで3枚の写真を撮り、この3枚の最良の部分を合成し、単独写真よりも優れた撮影結果を得ることができます。見栄えのよいHDR写真を作るコツは、三脚を使い、3枚の写真のフレームを完全に一致させることです。

7. クリエーティブなカメラムーブメント

露出中にカメラを動かすことが、クリエーティブな写真撮影のキーとなることが多々あります。露出時間を長く設定し、カメラを左から右へ、上から下へ、レンズをズームインからズームアウトへ、と動かしてみましょう。その結果、目の前にあるシーンが抽象的に表現されます。さらによい結果を求めるならば、カメラを三脚に固定し、一方向にのみ動かすか、レンズのズームインとズームアウトにしぼってみてください。そうすると、さらに抽象性が高まり、秩序が生まれ、印象派のような写真になると思います。

8. ビデオ

HDビデオ機能は、最近のほとんどのカメラで使用できます。一部のデジタル一眼レフカメラでは、プロフェッショナルなクオリティの動画を撮ることもできます。三脚を使用すれば、手持ち撮影で起こる手ブレを回避するだけでなく、パン撮影(カメラを固定して左右に振る撮影法)もできますので、良い動画を制作するには、三脚はほぼ必須の機材と言えるでしょう。ビデオグラファー専用の三脚やビデオ雲台という選択肢もありますが、まずは通常の三脚から始めると良いでしょう。

9. ライト・ペインティング

ライト・ペインティングとは、長時間露光の間、懐中電灯やその他の光源を使って、光の絵を描く方法です。光で線を描いたり、被写体にイルミネーションを施したり、ダンスして抽象的な姿形を作るなど、あなたの思いのままに表現できます。ベストショットを求めるなら、カメラを三脚に固定することで、背景を鮮明に保ちつつ、カメラにライト・ペインティングのセッションを記録させましょう。(これはアシスタントなしで自分ひとりでも撮影ができる、ということです。)カメラを三脚に取り付けて固定し、露出を長時間に設定し、懐中電灯を持ちながらカメラの前を走るだけです。きっと、夢中になると思います。

10. コマ撮り

コマ撮り(タイムラプス)とは、長期にわたって撮影された写真やビデオクリップから作られた動画のことで、非常に人気が出てきています。写真を組み合わせるのが動画であれ写真であれ、フレーム(背景や被写体のポジション)を揃える必要があるため、三脚がどうしても必要になります。固定した三脚で次々と何千枚と撮影した後、ソフトウェアを使って、この写真群から美しいアニメーションをつくることができます。

マンフロットの三脚はこちら

Top
取り扱いブランド