19.09.2013

境界線を辿る2

19.09.2013

境界線を辿る2

境界線を辿る2

東北の被災した多くの場所は瓦礫が片付けられ、更地になり、ある場所は草原のように。ある場所はどこまでもつづく砂丘のようになった。

そこに住んでいた住人でさえ元はここに何があった場所なのか分からなくなりつつあるという。

当の私もはっきりとは覚えていない。きっと写真を見ればすぐに思い出せるんだろう。

こんな事があったからこそ、写真の持つ力を感じている。

境界線を辿る2

境界線を辿る2

境界線を辿る2

境界線を辿る2

境界線を辿る2

日本の島は石器時代には大陸として陸続きだったと言われている。

それが何百万年の時を越えて、何度も何度も地殻変動が起こり、今の形となった。

そして何度も何度も人間達はこの地殻変動に負けずに生き残ってきた。

地球は生きている。だから動き続けるのだ。それはごく自然なことなんだろう。

境界線を辿る2

境界線を辿る2

フォトグラファー:大江 玲司(Reiji Ohe)
Website : http://www.reijiohe.com/
※大江さんの故郷、宮城県 塩竈市は、写真の街。2013年9月23日~23日まで、「塩竈フォトフェスティバル」が開催されています。また、22日には、音楽とアートと色を同時に楽しめる「GAMAROCK 2013」も開催されます。

Top
Our Brands