10.06.2014

料理の写真: スープをどうやってセクシーに見せますか?

10.06.2014

料理の写真: スープをどうやってセクシーに見せますか?

スープは料理写真の中で視覚的に最も美しいものではありません。しかし課題としてシンプルでもあり複雑でもあります。おそらく大変魅力的なものではありません。色はおそらくうかない感じでモノトーンになります。素材感がなくなり、美味しそうに見せて本当にグルメな関心を引き出すことは大変です。
だし汁、おかゆ、スープ、コンソメの撮影を改善するポイントが10点あります。それぞれのポイントで、画像を共有しますが、全体像を見ることをお勧めします。それぞれのポイントが装飾の伝達を助けます。

1- 適切な見え方の角度を探す

見る人やカメラのスクリーンを通してみると、シーンからの距離とスペース内のシーンとあなたの位置からの距離があなたの撮影角度を必然に決定します。
決定事項は沢山あります。なぜなら画像が見え、浮かび上がる雰囲気に影響するためです。

シーンに平行に : 上記は最初の写真で見られるものです。 元の最高の見え方ができるようになります。 この方法で、ボリュームの概念が完全になくなり、全てが平らになり、幾何学的な形が重要になります。 時に興味深い写真も撮影できますが、シーンがグラフィカルな画像にならない場合もあります。 絞りを開き、協調部分をクリアにするポイントを保持し(ここではスープ)シーンの残りはより不明瞭になります。 使用するコンテナに高さがある場合、これでよい写りができます。

30° : シーンの前に自分の身をおき、カメラを30°の角度になるように下げてみます。 テーブルについたときに見えるプレートなので、これは大変自然なビジョンになります。 喜ばしい見え方ですが、お皿の近くに移動して少し遠くにいくことができます。 シーンの高さとほど同じ位置に移動して、密閉空間とほぼ徹底的な効果を作成するためにカメラを下に設定させます。 写真の上部にお皿をおきます。 この見方で、子供がテーブルで待つ楽しみを爪先立ちでちょっとみる時に子供に見えるような方法に近づきます。 お試しあれ!

シーンで垂直な見え方をゲット : 正面のシーンにカメラを垂直に置く。スープの色を見せたい場合、透明なコンテナを使用するとおもしろい見え方になります(例:ポイント3の左の写真)。 

2- フォーカスポイントを強調

スープ写真を撮影する上で最も困難なことは、ポイントの焦点を合わせることです。完全にスムーズな表面では、ポイントを合わせることは困難で、焦点はずれることがあります。

簡単なトリックとしては、何か装飾できるものをスープの表面に置くことです。胡椒でも、ハーブでも、少量のクリーム、クルトンなど…(詳細はポイント9でご説明します)。

自動フォーカスを使用するだけではしっかり把握できませんが、軽減してより魅力的で装飾でき好ましい品質を映し出すことはできます。

3- 色をつけよう

スープが明るい色なら、あなたのシーンに合うノートを追加してクリアなコンテナにいれましょう。

左の写真では、私の読者は芋のスムージーだと思い、目の錯覚が起こしました。それはシーンの色彩効果、グラスの使用、印象を作り出すストローです。
時には大胆な色をあえて使用します。これはローズ/ふじ色のスープの美しいハーモニーのオレンジ色です。それからスープに一致する装飾要素を追加しました: にんじんの皮、オレンジ(レシピの原料です)、黄色のクロス。

右の写真は、トマトとストロベリーのガスパチョです。シーンでストロベリーと背景にトマトを置いてカラーのタッチを引き出しました。大げさにする必要はありません。必要なのは色のヒントです。

4- 照明を注意して管理

照明に関する質問に私は熱心です。照明に関して、素晴らしい簡素さでスープの素材を明らかにすることができます。これを行うには、横からと背後の照明間にあなたの照明のソースを置くことをお勧めします。以下の写真で見ることができます。

対角線上に照明を当てると、優しくも硬くもあります。見る人がボールにすぐにスプーンを入れたくなるような望みを与えるようなものではありません。スムーズだけどどこか濃厚なスープに見えるこのテクニックをお試し下さい。スプーンでスープの表面をなぞってください。

背面からの照明も機能しますが結果はシャープものになります(事実、この記事で特定の写真内でみることができます)。何をゴールにするかによります。循環分裂フィルターがあれば、スープの照明の反射を計測することができます。

側面の照明を使用すると、結果はソフト、快適、より起伏が少ないものになります。

5- 異なるコンテナを試そう

スープのプレゼンテーションにオリジナリティを与えましょう。スープボールまたは深いお皿以外にも使用できます。大変ユニークなスープのアイディア機能の他にも写真があります。 小さなガラスのボトル、ジャムの瓶、またはかわいらしいキャセロールを見つけましょう。 コーヒーカップ、ガラス、コンテナ、またはカラフェ…たった一つの制限は独自のイマジネーションです。

6- スープの材料に関する記述を含ませましょう

シーンを飾りつけ、何のスープかわかるように内容を含ませてください。フレームの中には多様な野菜、ハーブ、スパイスを入れてください。背景には材料そのものを入れることができますが、シーンを全て奪うことはありません。 トリミングや、残った野菜のスライス、ハーブやスパイスをベースにかけてみてはいかがでしょうか。 シーンの周りのこれらの多様な要素を置くことはあなたのショットに色づけし、”カントリークッキング”の雰囲気を作り出すお手伝いをしてくれます。 これは次のポイントに自然に引き込みます。

7- 雰囲気作成

先週話した全ての重要な雰囲気について忘れようとしていたわけではありません^_^ 一般的にスープはファミリークッキング、心地良い食べ物、温かい、または伝統的な料理の同義語です。
しかし常にそういうわけではありません。気高い材料を使用する場合、時々スープはしゃれた感じになり、例えば冷たいものだと爽快な気分にもなります。スープの種類をご説明しながら一貫するショットを撮影してみましょう。上の写真機能は同様な2つのスタイルです。

左には、テーブルシーンを作りました。テーブルに座った際の感じを作り上げるように写真が撮影されます(30°の見え方を覚えていてください)。お皿とグラスの背後左にボールを置くことを覚えていてください。 次のコースを予告するサラダボールも置こう。この全ては家族スタイルの雰囲気を作ります。

右に、スープを実際に楽しむために使用されるための要素を置いたので少し異なります: 胡椒見る、新鮮なチーズなど(使用したばかりのフォーク)。後は試食するばかりです!

8- 何を組み合わせるか注意しましょう

料理写真は写真の他のジャンルに適用する同様に知られたルールを当てにします。

3番目のルールにのっとり、画像の中の焦点に物体を素早く置くようにする。またルールに従って丁寧にではなく、端のショットにボールを半分だけ写し、物体を焦点からずらすように大きな動きをしてみます。アイディアはダイナミックなイメージとよりオリジナルな遠近感を作り出すことです。
調和のとれた分配を作り出すように、シーンの要素をフレームに統合します。例えば、背景に全ての要素を置くのではありません。完全にショットの前面を空かせます。背景を散乱させ、前面にいくつかの要素を置いてバランスを追加します。
最後のヒントです。個人的なポーションを撮影したい場合、右のグラスの写真のように3つのグループの中にそれらを置いて写真の周りに散らかします。

9- お皿のスタイルを見せましょう

料理の写真のみがある場合、お皿のスタイリッシュな局面も見せるようにしてください。これは料理のシェフがするように適切なプレゼンテーションを通してお皿の見せ方と強化の仕方を行います。愛らしいプレゼンテーションが食欲をそそります! クルトンやハーブなどで綺麗にドレスアップされてサーブされた同じ器の同じスープでは、同じお皿の同じスープで端にこぼれたスープの入ったボールには綺麗で美しい見えたかのため勝るものがあります。

スープをドレスアップするには、複雑なことはやめましょう。ゴールデンクルトン、新鮮なハーブ、フレッシュにミルで挽かれた胡椒またはドライローストナッツを散らしてください。

最初の写真は、スレンダーなラディッシュリング、小さなバジルの葉っぱ、胡椒を飾ったガスパッチョです。それらはいくつかのテクスチャ、色、新鮮さを追加するものです。

2番目の写真は、特別なブレッドクルトンを飾ったにんじんのスープです。もちろんそれらをスープに追加しました。また事前に料理した小さなにんじんの茎を置き、マグによそりました。 スープを作る材料や皿に盛った材料を再度利用することができます。

10- 1,2,3,準備ができました…お楽しみください! 

スープ11

あなたのスープ写真に人間らしい品質を追加。このレシピのタイプは素晴らしく、外が冷たい時や病人が出た時に楽しめます。 ボールに手を置き、レシピに温かさを追加します。上の最初の写真では、大きなスカーフを置いて、ウールのセーターを着て写真の物語をつくり、外の冷たいアイディアを強化しました。 実際、写真を撮影するために三脚とリモコンを使いました。フレームと焦点が見れないため、長期に渡るテストが必要です。

右の写真では、右手でカップをただ持っています。そういうフレームにしたために指が写っています。この手の写真では、三脚は使いません。左手の反射を持って人差し指でセットしました。もちろん、コンパクトを持つとよりシンプルです。もし複雑すぎると考えたり、カメラを落とすのが怖い方は三脚をご利用ください。

ビューアーに直接向けられた空のボールやスプーンを見せることで写真シリーズで先に進むことができます。そして見る人はあなたの代りになります。特別な状況においてくれるのです。

この記事はあなたにひらめきを与えます。これらのヒントはスープに便利なものですが、他の料理にも適用されます。 台所に進んで自分でお試しください!

Chef Nini
仮名chefNiniのVirginieは、2008年2月より同じ名前で料理のブログを書いています。オリジナルの製作、インスピレーション、ヒントを教育的記事で書いています。
彼女の関心について独学で熱心で、彼女のブログに全てを捧げることにしてウェブ開発者としての仕事を辞めることにしました。2011年9月、彼女は企業家になり、クリエーター、フォトグラファー、料理ライターとしてのサービスを開始しました。
彼女はPearson社の料理写真に関する本の著者です。

ブログ: http://www.chefnini.com/
ポートフォリオ: http://portfolio.chefnini.com/
Facebook: http://www.facebook.com/chefNini/
Twitter: https://twitter.com/chefNini

Top
取り扱いブランド