14.11.2014

ファインダー越しの世界 その向こうにあるもの 〜2 和菓子に込められた想い

14.11.2014

ファインダー越しの世界 その向こうにあるもの 〜2 和菓子に込められた想い

JP_20141113_Top

堺には、古い和菓子屋さんが数多くあります。

茶道発祥の地ということもあり、抹茶に合うお菓子が多く作られたのだそうです。

JP_20141113_01

このお店は江戸時代創業。ひときわレトロな外観が目を惹きます。

JP_20141113_02

名物は「肉桂(ニッキ)餅」。
「肉桂」は今で言うシナモン。もともと薬として日本に入ってきたものを使って考案されたそうで、先祖代々受け継がれてきた味です。
大福の餅にニッキが練りこまれていて、餡とのハーモニーは絶妙!写真で伝わるかしら?

JP_20141113_03

のれんを守る屋台骨のご主人は日本人離れしたおカオでハンサム。とっても気さくです。写真がご趣味だそうで、私のカメラを見て「僕も撮って♡」

伝統を守る苦労もあります。生き残るためには、こだわり+時代に合った創意工夫も必要だとか。

JP_20141113_04

餅はすぐ固くなってしまうから、個別包装をして日持ちするように。やさしい思いやりです。現代の人が好むような新製品も日々考案。ニッキを使ったカステラやようかん、最中にところてん。工夫の産物が店頭に並びます。

JP_20141113_05

「じゃあ、この中で一番オススメのお菓子は?」と聞くと、照れくさそうに「やっぱり肉桂餅」。

JP_20141113_06

見た目は派手ではないけれど、ひとつひとつに込められたまごころが、美味しさを引き立てる。そんな風に感じました。
敬意を表して我が家のキッチンでも撮影!
三脚を立ててクリップオンストロボ2台を使いました。美味しそうでしょ?

安藤 早苗/Sanae  Ando

大阪府堺市在住。フォトグラファー。

Facebook
Flickr

Top
取り扱いブランド