11.05.2015

Manfrotto Off RoadとともにCosta dei Trabocchiを旅する

11.05.2015

Manfrotto Off RoadとともにCosta dei Trabocchiを旅する

IMG_5504

私は暫くの間、アブルッツオ州の有名なCosta dei Trabocchiへ行きたいと思っていました。ちょうど超軽量の三脚と多用途トレッキングポールと新しいManfrotto Off Roadキットが到着したのでさっそく撮影の一人旅に旅立ちました。

画像_5712

アブラッツオは国立公園とアペニン山脈で最も高い山頂で有名ですが、多彩で息をのむような風景と何マイルも続く海岸線を持つ美しい沿岸地域でもあります。
キエーティ(Chieti )地方は美しい入江、岬、高い崖が独自の風景を織りなしています。

画像_5579rid

OrtonaからVastoまで続くこの海岸は「Costa dei Trabocchi」の名で知られています。海岸に点在する無数の「trabocchi」がその名前の由来です。
「trabocco」は昔の釣り機械です。主にアレッポマツの木を使用して作られたこの構造は、「trabocchetto」(罠またはトラップ)と呼ばれる巨大なネットを支える長い2本のアームを持ち、水面から数メートルの高さがあります。
その起源は知られていませんが、フェニキア人が発明し、イタリアに持ち込んだという学者もいます。
1899年にSan Vito とFossacesiaの間にある邸宅を購入したGabriele d’AnnunzioはTrabocchiについてこう記述しています。
「この機械は自らのハーモニーとともに生き、人の身体と魂の雰囲気と形を所有する。」

私はまだ太陽が高い時にキエーティのSan Vitoに到着しました。 海を眺めて、すぐ当地の広大さと美しさに打たれました。 リュックサックを背にManfrottのトレッキングポールを手に、私は探索に出かけました。

画像_5130

私は探索しながら 常にレフで撮影を可能にするトレッキングポールのモノポッドシステムを試してみたくて仕方ありませんでした。

画像_5707

野外を歩くのが好きで、写真に情熱を持つ人間にとって特に実用的で創意工夫があるシステムです。

最初のtraboccoにたどり着くと、最新の超軽量三脚も使いたくなりました。

画像_5711

…そして最初の写真を撮影しました…

画像_5514click

私は沢山の写真を撮りますが、晴天はすばらしい画像を撮影するのに、必ずしも理想的ではありません。 日没までに幾つか雲を見たいものです。

そうこうしている間に海に水流が流れ込んでいく光景に出会いました。クリスタルのように透明な水が森林からごぼごぼいう音とともに流れています。好奇心を刺激された私は小川を追って低木林に踏み込みました。
私が探索している間、私の存在に気づかないズグロムシクイが数フィート先の枝に降りてきました。 トレッキングポールに取り付けられたレフのおかげで、この素敵な生物を捉えることができました。

画像_5486

幸運なことに夕闇が訪れる頃には、雲が出てきました。

画像_5608

夕方になるまで期待した結果は得られませんでしたが、ようやく納得のいく写真がとれました。残念ながら天気までプログラムすることはできません。
とにかく夜はここで過ごすことにしました。夜明けには幸運が訪れ、夜間に何枚かいい写真が撮影できるかもしれません。

画像_5655

…夜明けの到来…

画像_5667

画像_5663rid

画像_5699

夜が明けるとこの驚くべき土地の素晴らしい想い出とともに帰宅する他にすることはありません。この海岸線の地を訪れることでようやくd’Annunzioなどの詩人が最も親密でロマンチックな瞬間をここで過ごした理由を理解することができます。

Manfrottoの装置には大変満足しました。オフロード三脚は信じられないほど軽量で安定しています。トレッキングポールはモノポッドとして使用できます。これがなければズグロムシクイの画像を捉えることはできませんでした!

Francesco Russo

私は1963年、トリノ地方のGrugliascoで生まれました。風景や未開発の土地の撮影が好きで、夜間の撮影を好みます。イタリアと海外のフォトエージェンシーとパートナーシップを組み、北ヨーロッパの写真旅行を企画しています。私のサイトwww.frpix.comのギャラリーをご覧ください。
私の作品はナショナルジオグラフィック誌や同様の雑誌に公表されています。

Top
取り扱いブランド