15.05.2015

ミシガン州のアッパー半島へ、軽量なoff roadシリーズと旅を

15.05.2015

ミシガン州のアッパー半島へ、軽量なoff roadシリーズと旅を

ミシガン州アッパー半島での写真撮影は、その起伏が激しい手付かずの自然と、スペリオル湖、ミシガン湖、ヒューロン湖という五大湖のうち3つの湖に囲まれた景観にも恵まれており、風景写真家の純粋な夢といっても過言ではないでしょう。四季があり、天候は常に変化しています。 私は踏みならされた道から外れて写真を撮り、人里離れた土地へハイキングをすることが好きなんです。

起伏の激しいスペリオル湖の湖岸を従来の三脚を運びながら旅するのは困難です。

私がソーシャルメディアで最新のマンフロットのOff roadコレクションを見た時、この製品なら私の撮影スタイルに最適だろうと思いました。 現在まで、私は頑丈だけれども重量感を感じるマンフロットの055XB 三脚 と、 398RC2 という雲台を使用してきました。 私はこの三脚が大好きではあるのですが、これで10マイルをハイキングするにはかなりのエネルギーが必要で、疲れてしまうことでしょう。

 

第一印象

私がマンフロットの Off road 三脚を受け取った時、その軽量さとコンパクトさにびっくりしました。パッケージの中は空なんじゃないかと思ったほどです! 全体的に、私が使用したことのあるマンフロットの他の製品と同様、強固な構造に思えました。 私が気に入ったのは三脚に小さなボール雲台が付いており、そこに直接カメラをネジで取り付けられるので、ベースプレートのようなものは必要ないところです。 内蔵の気泡型水準器も便利そうです。

三脚の脚を延ばしカメラを取り付けると、徐々に落ち着いてきました。 他の三脚の使いやすさと安定度に慣れているため、各部分を締めたり緩ませたりして調整する、このoff road型ともいえるスタイルは時間がかかり、望ましさは薄れてきます。もちろんそういった設計が必要だということは理解しているのですが。 カメラとレンズを取り付けた時の安定度にも若干疑問がありました。 ちょっとぶつかっただけで転倒してしまうのではないかと思いました。 脚を伸ばした時の三脚の高さは私が常用するものより低かったものの、思ったよりは高く感じました。 アウトドアでの使用に慣れるまで、先入観を持たないことに決めました。

旅路において

先に述べたように、私は人里離れた場所にハイキングに行くことが好きなのですが、機材の重さが常に問題になります。 自宅の門から出た途端、マンフロット PL バンブルビー220 バックパックに取り付けたコンパクトで軽量なオフロード三脚は全く重量を感じさせず、とても軽快に感じました!この三脚を実際に使用するにつれ、脚を伸ばしたり縮めたりすることやや折り畳む方法にも慣れてきました。

Manfrotto オフロード三脚パックはManfrotto Bumblee 220-PLバックアックとも相性が良く、コンパクトなデザインのため持ち運びが簡単です。

新製品の常ともいえるかもしれません。使い慣れるには少し時間がかかります。 日常で使用するよりも、アウトドア冒険愛好家が軽量な器具で旅するのにぴったりな三脚です。

一日の過酷な条件にさらされた後、三脚の脚は簡単に分解し、清掃できます。

撮影中の三脚の安定度が少々気になるため、通常では内蔵のタイマーリリースを利用するところを今回はケーブルリリースで撮影しました。

4ロッキングボールヘッド付きのベースプレートはしっかりフィットします。

 

この製品を購入すべき人は…

広告にあるように、Off roadコレクションは、軽量なオプションが必要、というフォトグラファー用です。 私にとっては本製品は、メイン三脚という訳にはいきませんが、長距離ハイキングに行く際、三脚をもっていくときのものとして最適だと思います。 マウンテンバイクでクロスカントリーをする人やオートバイのライダーの人が、この三脚を機材バッグの中に入れて持ち歩くのにも最適だと思います。

5 超軽量でコンパクトなデザインが旅を容易にします

 

結論

全体的に超軽量の機器で旅行したい人にはマンフロットの Off road 三脚は優れたオプションと言えるでしょう。 総合的には、高品質で、広告に違わぬ機能性を発揮します。 カメラは、内蔵ベースプレートについているクイックホイールで、簡単に取り付けることができます。 ボール雲台は強固で、こういったコンパクトな三脚に最適なものになっています。 ミシガンのアッパー半島にハイキングに行く際、重い三脚を家においていくオプションができてとても満足しています。

ミシガン州、マンシング-ピクチャードロックスナショナルレイクショアの美しいマイナーズフォールズ

Greg Kretovic

Greg Kretovicは起伏が激しい野生の風景や四季がもたらす自然の変化を愛するアウトドア写真家です。独特で素朴な自然が豊富なミシガン州のアッパー半島に住むGregは、厳しい冬から色彩が見事な秋まで、全ての季節を撮影します。彼の家は五大湖最大のスペリオル湖の湖岸にあります。移り変わりの激しい自然を題材にした変化に富む風景を捉える写真が彼の特徴です。

Gregの作品はさまざまな出版物やウェブサイトで公表されています。彼の作品はOutdoor Photographer誌、Weather Channel、ナショナルジオグラフィックニュース誌、Space.com、Huffington Post誌などに掲載されています。

ウェブサイト: www.MichiganNaturePhotos.com
Facebook: www.facebook.com/MichiganNaturePhotos
Twitter: www.twitter.com/michnaturephoto
Instagram: www.instagram.com/michigannaturephotos
Pinterest: www.pinterest.com/michnaturephoto
Tumblr: michigannaturephotos.tumblr.com

Top
取り扱いブランド