スナップショットを撮るように動画を撮ってみよう

03.03.2016

スナップショットを撮るように動画を撮ってみよう

03.03.2016

スナップショットを撮るように動画を撮ってみよう

休みに出かける際はカメラを持っていく人も多いのではないだろうか。
たどり着いた場所でどんな光景が広がっているのかとても楽しみだ。

最近、旅行時にも動画撮影するようになった。
以前は写真を撮る方が多かったが、最近は動画を撮ることが楽しく、写真よりも多く撮っている。

動画と言うと準備や編集に手間がかかることを懸念する人が多い。
でも私はスナップショットを撮るように動画を撮っている。

動画は被写体の動きを捉えることができる。
音もあれば写真よりもさらに多い情報を含められ、自分の見たものをより明確に伝えることができる。それによって自分が感じたことを視聴者も感じてくれるかもしれない。

この年始に伊勢神宮を参拝した。今回はその後に乗ったフェリーからの光景を動画で撮影した際の事前準備や撮影のコツを紹介したい。

機材
今回持っていたカメラはSONY α7 II 。レンズはSEL24240。カメラはMPバックパック20に入れて常時携帯していた。
マンフロット三脚キットのMVH500AH,755CX3と、一脚MVM500Aは車のトランクに入れておいた。これが私が旅行する際の機材である。車のトランクがある分、三脚と一脚両方を持っていけるのが良い。

スナップショットを撮るように、動画を撮ってみよう

撮影場所
撮影したのは伊勢神宮参拝後に乗った伊勢湾フェリーである。三重県伊勢志摩(鳥羽港)と愛知県の伊良湖港へ渡るためのフェリーで約1時間で鳥羽と伊良湖を結ぶ。

機材を扱う際の注意
車をフェリー内の駐車場へ置き、カメラと一脚を持って客席へ上がった。カメラは一脚へ装着していた。
なお、一脚や三脚を持ち歩く際は人や物に当たらないように気をつけたい。コンパクトとは言っても頑丈に作られている。他の乗用車や乗客に当たらないように、一層の注意をはらい機材を扱いたい。

一脚の良いところ
動画撮影で手ぶれを最大限抑えるには三脚を使いたい。
しかし被写体を追いかけるような映像や室内や街中で動きながら撮影する場合は一脚がコンパクトでより軽量で便利だ。
一脚は三脚ほどの設置場所の広さが必要ないし、設置に時間がかからないので、とっさの撮影に対応できる。

スナップショットを撮るように動画を撮ってみよう

撮影時の心構え
動画撮影に慣れないと難しいと感じるかもしれない。でも、動画も写真と同じように自分が感動した瞬間や光景を捉えれば良い。
重要なのはその人の視点で捉えるということだと思う。

でもその視点がわからないという場合は、ヒントはいろんなところにある。
わたしは映画が好きで様々な作品を見るので、印象に残ったシーンがあるとどうやって撮ったのかも気になって、自分なりに予想してみる。
そうしていると撮り方のボキャブラリーが増えていく。それを動画撮影に活かしている。先ずは自分の好きな映画や映像作品の一部分の真似からスタートしても良いかもしれない。

スナップショットを撮るように動画を撮ってみよう

動画撮影時のカメラ設定
今回は奥行きをぼかして雰囲気のある映像にしたかったのでF5.6やF6.3で撮影した。絞り優先で撮影したのでISOとシャッタースピードは自動である。

下記が今回撮影した動画を編集した作品だ。

[vimeo width=”650″ height=”365″]https://vimeo.com/153652269[/vimeo]

フェリーが発進し目的地に到着するまでの一部始終を乗客の視点で撮影した。
かもめがフェリーと並走しているところや、海上に漁船群がいる光景がとても印象的だった。

編集
動画編集にはFinal Cut Pro Xを使っている。
撮影した動画を一通り確認した後、作品に使う部分を選んで編集画面上に並べる。
その後、予め選定しておいた音楽に合わせて動画の長さを細かく調整したり、切り替えタイミングを編集すると出来上がる。
そして、その後、色調補正を行う。

最後に
今度休日に出かけることがあるのなら、写真ではなく動画を撮る一日にしたらどうだろうか?
最初は慣れていないから準備や編集に時間がかかるかもしれないが、動画であればあなたの感動をもっと他の人に伝えやすくなるだろう。

 

スギウラマサノリ
2000年から2006年までニューヨーク大学で現代美術、国際写真センターで写真を学び帰国。現在はオリジナル作品を創るクリエイターのための作品投稿 コミュニティPictboxの編集長をつとめる。また、映像制作チーム155worksの撮影監督として映画やミュージックビデオなどの撮影を手がける。
https://instagram.com/agitoy
https://vimeo.com/user9765499
http://photography.agitoy.com/
http://pictbox.jp/

※スギウラさんの撮影アイデア等、Manfrotto Imagine Moreでの記事はこちら

杉浦

Top
取り扱いブランド